한일캠프(12/21~23) 感想文     辻莉加子

2012122123までの日韓キングプログラムに参加しました。場所のチョロンという場所戦中である北朝鮮との国境近場所位置する場所でした。めにえることは、とりあえずい!そしてもう一度日目からやりしたいぐらいしかった!ということです。

 

学中でありながら北朝鮮歴史について知識のない自分直接歴史じられるこのプログラムに魅力じ、わず参加めました。参加当日りは事前のオリエンテションに参加したため面識があるようでしたが参加できなかったは、人見知りという性格もありなかなかうまくをすることができませんでした。そんな、グルでの自分自己紹介に、対面にもわらずかれました。日本では対面くことは普通はしないのできました。からかったのは、によって相手すときの言葉表現もざまざまなのでくことが挨拶一部であり、にはしないということでした。このプログラムの第一印象はさまざまな齢層たちが参加されていた、ということです。

 

そんな、グルプもまり早速キングプログラムがまりました。一番初めのプログラムは重要無形文化財であるテッキョンのでした。このテッキョンは日常生活上では不思議きをする武術だったのでみんなの囲気けて教室内れていつのにか私自身笑顔になっていました。

 

このプログラムバスにって移動しました。バスでも国人日本人隣同士になるように配慮され、ゲムをしながらとの距離めていきました。日本語せる国人学生意思疎通支障はありませんでした。

 

 

たちの宿泊先であるチョロンに到着して最初ったことは「い!い!とりえあずい!」ということでした。日本よりいがチョロンはのほうに位置するためにえていたよりもすごいさでした。1日目宿説明とチョロンについての説明があり、その後早速みんなでお酒をみました。

日本であれば、1日目れているしまだ2もあるからといってめに解散してするケスがいですが、国人学生達の4ぐらいまできていたといてきました。

日目はメインであるボランティア活動でした。めの起床後朝食がついたことがありました。起床後食事場所るのはみんなバラバラだったが、ずみんなかとにごべているということです。片付けるときもべている自分食器片付けてからつこともできるのに、わるまでってから食器片付けていました。しても「く!く!」行動するというえがあるといたことがあるは、国人学生行動きました。そのにも食事のときの国学生行動にいつもとうとじました。

 

ボランティア内容はビニルハウスのきゅうりとパプリカの片付作業でした。宿からトラックにって目的地かいました。片付作業めてのだったのでコツをむことがしくてしましたが、友達とどうやって分担したらいいのかえながらめたためによりいっそう友達関係くなったようにじました。ビニルハウス国語はもちろん日本語い「がんばれ、がんばれ」といながら作業め、ボランティアは終了です。

 

こうやってお人同士ましあって作業処理していくことがこのプログラムのボランティアの醍醐味だとじました。昼食後DMZ記念碑き、午後のボランティアは気候関係残念ながらませんでした。

 

夕食はキャンプファイヤでした。 BBQのお中一生懸命いてくれたのおかげで、とてもおいしいごでした(最後のみんなでんだはこのプログラムでの最高です。はおをたくさんなのでおのゲムもたくさんありました。国人学生うこともあまりくてお酒文化したことのなかったは、このプログラムのおムのほとんどをえてもらったがします。

日本だったら女性より男性のほうがおいイメジで、女性はカクテルをむことがいです。しかし男性女性関係なく焼酎ルをみます。なので、男女のおさの日本べてあまりありません。ゲムでけて男女同じぐらいんでいるはずなのに女性より男性のほうがっていて面白かったです。ゲムも日本語えながらやっていたので、日本人する気遣いのかみをじました。しかし、ゲムにけたときはかみはありません(国関係なくきちんとがれたさないといけませんでした()みんなでっていならゲムをすることは日本じぐらいしいことだなと実感しました。

日目はほとんどのくにたためにみんなれているようでした()3日目は、この3日間一番寒だったらしく、部屋っていました。そんな朝宿して非武装地き、をあげにいきました。めてっていたより、赤色でした。

  

そのDMZ北朝鮮ることのできる展望台かいました。展望台到着し、展示場ると北朝鮮現在るまでの歴史展示したありました。きなから北朝鮮ることもできました。国人学生はいつもにもして真剣北朝鮮つめていたようにじました。私自身日本でテレビでしかることのなかった北朝鮮肉眼ることが、また北朝鮮からじて北朝鮮北朝鮮日本との距離実感し、緊張りました。

プログラムの最後つきでした。べったく日本きくなりましたが、日本じでした。

みんなでをしながらおべてプログラムのわりをしみました。

 

このプログラムの参加のきっかけであった実際北朝鮮歴史じることは達成し、自分なりに2関係についてえることができました。しかし、このプログラム獲得したものはそれだけではありませんでした。1つ自分学力未熟さにがづけたことです。えたいのに完全えをえることがずに、歴史についてびにたのに、自分なりに理解ないがゆさをこの3日間でとてもじました。2つはライバル兼友達獲得したことです。このプログラムには国語上手日本人参加者くいました。また日本人ように日本語堪能国人参加者くいました。みんなで会話をしているときに自分らない単語表現ることがくありました。なのでみんなにけないようにもっと努力をすることが必要だといました。そして、このプログラムをして最高友達獲得しました。これからもずっとわっていきたい友達えたことは、わたしの学生活でのきな獲得物です。

次の参加者の感想へ                     

 

参加者の感想トップへ戻る