한일캠프(11/2~4) 感想文     御鍵幸祐

112から3日間日韓ボランティアワクキャンプに日本から参加致しました。参加した理由は、国語ができないでどのようにして馴染むことがるかしてみたかったことと、日本歴史関係のある江華島れてみたいといういがあったので、参加めました。

初日は、韓服のポプリりとK-POPダンスでした。ポプリりのは、まだ緊張していましたのでにいるとしかほとんどせませんでした。しかし、K-POPダンス講習では緊張け、交流安心しました。その江華島けてバスで移動しました。そのった日韓学校教育英語学生活して目的地まで会話をした記憶があります。会話して、らない部分るとに、部分あることを変有意義時間ごすことがました。

到着後は、BBQいました。食事中にいた日本のアニメやゲムのしてくれましたが、からないあり強不足痛感しました。BBQのレクレションはとてもがり、むことでメンバとの距離まったといます。ジェスチャムでは、上手表現できずチムのってしまいましたがではとなっています

 

二日目は、バスで図書館移動してボランティア活動いました。での活動でしたが、してもらったりしながら、いてかれないようにがけました。分担作業ではあったものの、協力をして図書館利用するたとうと、しい気持ちになりました。また、国語からないからこそ、をしてもらい状況をこまめに把握することの大切さ、りのみんなとわせてかをげるしさもりました。

そのに、メンバー全員感想べていきました。最初国語自己紹介をしたらくのメンバってくれたおかげで、緊張けました。たとえ国語なくても、それにして適合しようとする前向きな姿勢がとても重要であることを、この発表してびました。

そののメンバになり会話をしたのち、部屋一部のメンバをしました。のメンバわり、途中から英語会話をすることになりました。英語満足すことはませんが、それをしてまで交流できなかったメンバともつながることがてホッとするとに、英語んでいてかったといます。


 

三日目博物館れました。国人のメンバ説明をしてさり、しではありますが歴史ることがたといます。めてコインドルをるなど、ぶことの3日間でした。

は、このボランティアをしメンバからくのことをわりました。まず文化言語などのいをり、ろうとする姿勢つこと。これはらずってもわらないことだといますが、その結果、よりたくさんの友達れたとえています。

視点えてえることの大切さ。この3日間国語からずむこともありましたが、英語使って不足部分うことがました。一部とは、ほとんど英語言葉わしましたが、英語のおかげでつながることがかったです。貴重3日間ごすことがたメンバをはじめスタッフの感謝しております。ありがとうございました。

次の参加者の感想へ                     

 

参加者の感想トップへ戻る