한일캠프(11/2~4) 感想文     栗本美菜

 

 

 

112~3にかけて江華島開催される

クキャンプに参加してきた。

がこの参加したきっかけは

友達をかけてもらったからという

単純なことであったが、

参加したをさせてけたな、

っている。

一日目はグルプのみんなと

テディベアをったりにダンスをしたり、

 はバベキュをしたり、など

アイスブレイクの時間けられた。

 

グル全員うのは

初日めてだったのだが

グルプでの行動くおかげで

すぐけることができた。

 

ダンスはしかったものの、

かしながらいながしくごせた。

みんなとの距離まった時間だったとう。

 

二日目一日ボランティア活動だった。

 本棚やベンチなどきなものを

 自分った経験がなく、

普段何なく使っている

こんなにんでいるものだとは

らなかった。

 

みんながつのパトに

かれて作業し、

つのしずつ完成していく過程

ていると、モノりって面白いなとじた。

 

またピスにけた

きなっていたは、

しぶりのクレヨンのいにわくわくしながら作業していた。

完成形からないままひたすらいていたので不安もあったが、

最後つになったると綺麗素敵作品仕上がっていた。

またこのたちのグルプが夕飯作りのでカレった。

男子女子分担け、協力いながら活動できた。

 

三日目博物館見った。

 国人友達いてある昔話

 一所懸命えてくれたり、

写真ったりしながらっていた。

ここではのメンバともすことができて

最後においをることができる

になったとう。

 

りだくさんのこの三日間であったが、

一番印象っているのは

やはり国人友達との会話である。

 

たくさんの国人がいるこのというでも

日本関心ってくれているたちが参加している今回のワクショップ。

べながら、作業しながら、たくさんの発見があった。

日本文化差異い、い、てが新鮮だった。

国人生活をしてからこそ、実感できたのだろう。

学生活一番素敵三日間だったかもしれない。

母校ったら後輩にもぜひ推薦したいと

次の参加者の感想へ                     

 

参加者の感想トップへ戻る