한일캠프(8/14~8/17) 活動感想文    朽名裕

8 月14 日

 


韓国学生の案内で昌徳宮の見学を行った。
クイズを解きながら見学したため、普段は気付かない様な細かい部分を知ることができ、

良い経験となった。

見学中も別の班の学生達も声をかけてくれ、とても明るい雰囲気で見学ができた。
また、江華島へ行くバスの中でも、班の友達が絶えず話しかけてくれたので、

早い段階で仲良くなることができた。

 

ペンション到着後、男子学生たちが、どのようにすれば良いかを的確に教えてくれた。
このようなキャンプが初めての私にとっては、少し心配であったが、

韓国人学生たちのおかげで安心して生活をすることができた。

年長者がいると、リーダーシップを発揮してくれ、的確に教えてくれるので、とても安心であった。


8 月15 日

 


朝食を作る担当であったが、担当する人間が多く、あまり仕事ができなかったが、

他の班と一緒に作業をすることで、友達との仲が深まった。
ベンチ作りでは、様々な道具を使用し活動を行った。

最初は、韓国語はある程度聞き取れても、道具の名前など初めて聞く韓国語もあり戸惑っていたが、

ここでも友達が通訳してくれたおかげでスムーズに作業を行うことができた。
途中、K-POPダンスを習った。自分は踊ることは好きではなかったが、

実際に習ってみるととても面白かった。最新の曲を習うことができ、良い経験となった。

 

8 月16 日

 

前日に引き続き学校で活動。前日の雨で出来なかった壁画制作とベンチ作りを行った。
ベンチ作りは慣れた友達にやってもらい、自分は壁画制作を行った。

絵を書く間も、友達と話をしながら作業をし、笑い声の絶えない活動だった。

この日は猛暑だったが、汗をかいたあとの昼食がとても美味しかった。
昼食後も前日の雨で遅れていた作業を行うため、皆で時間も忘れて活動を行った。
先に壁画が完成し、その後、無事にベンチも完成したときは、嬉しさと達成感があった。
ペンションに戻り、BBQをした。疲れた後であったが友達と話しながら食べる肉がとても美味しかった。

 

8 月17 日

 

江華歴史博物館と世界文化遺産のコインドルの見学に行く。

江華の歴史や文化財を知ることで韓国の歴史の一部分を知ることができた。

ここでも友達が説明してくれたり、通訳してくれたりしたおかげで、楽しむことができた。
皆との最後の昼食をとり、ソウルで解散するときは、まだこのメンバーで活動をしていたい!と

思っていたくらい楽しいキャンプであった。

 

 

 

【全体感想】
韓国語があまりできない中で参加したので、正直、不安ではあったが、

日本語のできる友達もいたり、できるだけ簡単な言葉で、ゆっくり話してくれる友達がいたりと、

最初に持っていた不安は早い段階で無くなった。

 

韓国学生と共に活動を行うことで、お互いを理解することができた。

一緒に寝食を共にする中で、妥協したり、我慢したりする部分があるだろうと思っていたが、

そんなことは全くなく、良い意味で気を遣わずに生活ができた。

互いの文化に興味を持ち、共に生活する中で感じたのは、韓国人と日本人の差が無かったという事。

知識や考えは違っても、皆で協力して活動でき、皆で笑い合えた。
ニュースでは日韓関係が悪化した等と言われているが、それは国と国との問題であり、
人と人との関係は決して悪くなっているとは思わないし、むしろこのキャンプの参加したことで

参加者に関しては絶対的に良くなった。

 

このキャンプで本当に多くの経験をし、多くの人と出会え、参加して本当に良かった。
人と人との小さな所から全体を良くしていけるよう、

今後もこのような活動に積極的に参加していきたいと思った。

そして、現存の活動に参加していくだけではなく、自分でも企画をしていけるようになりたいと思った。
 

次の参加者の感想へ                     

 

参加者の感想トップへ戻る