フェアトレード Fare Trade

「フェアトレード」という貿易があります。これは公正貿易とも解釈されています。開発途上国で作られた製品を適切な価格で取引し、貧しい人々の自立に繋がる貿易システムのことを指します。そして私達の生活も豊かにしてくれます。

買うことは「選ぶ」こと

さの裏側にあるアンフェアな貿易のしくみ

コーヒー、紅茶、雑貨や衣料品。私たちの生活空間は、アジアやアフリカ、中南米などの途上国で作られたモノであふれています。これらはたくさんの労力を使って、はるばる日本にやってきたはずなのに、驚くほど安く売られています。

私たちにとって、安いことは歓迎すべきことですが、もしその安さが作り手の犠牲の上に成りたっているとしたら…。

農産物をおもな輸出品とする途上国は、相場の変動によるリスクを過大に負うとともに、先進国の都合によって価格が不当に安く抑えられるなど、アンフェアな貿易構造の中に組み込まれています。

また、途上国の生産者は自らの販路や市場の情報をもっていません。そのため、生産コストを大幅に下回っても、中間業者の言い値で売るしかないケースがほとんどです。その結果、働いても働いても貧困から抜け出せず、子どもたちも重要な働き手とみなされ、学校へ行くことができません。

 

生活の安定と尊厳を取り戻すフェアトレード

このような取引の流れを改め、途上国と先進国の人々が対等な取引をめざすのがフェアトレードです。

生産者の生活をかえりみない中間業者を介さず、フェアトレード団体が生産者と直接取引をします。

生産コストを考慮し、作り手が生活を維持できるように適正な対価を支払い、仕事のない人には仕事の機会をつくりだします。

必要に応じて生産費用を前払いしたり、長期安定的な関係を築くほか、技術指導や人材育成、有機農法への転換など、作り手の暮らしを向上させるためのさまざまなとりくみによって、自立を支えています。

これらにより、とりわけ、地域や家庭で差別され弱い立場にある女性が、働いて収入をえることで、尊厳を取り戻すことができます。

 

 

■「選ぶ」ことは世界を変える大きな力になる

フェアトレードの商品をぜひ一度、手にとってみてください。デザイン、品質、手作り感、環境や伝統を大切にしたモノづくりなど、多くの価値を感じることができるでしょう。

それに加えて、その商品にはもうひとつ、かけがえのない価値があります。

フェアトレードの商品を私たちが買うことで、生産者は収入を得て、子どもを学校へ通わせたり、自らの手で家族の生活を支えることができる、そういう価値をもっているのです。

私たちが「モノを買う」という日常の何気ない行為を、意識してフェアトレードに変えるだけで、生産者の喜びや将来への希望につながっていきます。

もし私たちがフェアトレード商品を選ぶ機械を増やし、広げていったら、この世界を変えていく大きな力になるでしょう。

 

1杯のコーヒーを飲むとき、ブラウスに袖を通すとき、作り手とのつながりに思いをはせる。そんな関係を築くことができるのも、フェアトレードならではの魅力です。あなたもお気に入りの一品を探しにフェアトレードショップに行ってみませんか?

フェアトレード=公正な取引

フェアトレードは、対話、透明性、敬意を基盤とし、より公平な条件下で国際貿易を行うことを目指す貿易パートナーシップです。特に「南」の弱い立場にある生産者や労働者に対し、より良い貿易条件を提供し、かつ彼らの権利を守ることにより、フェアトレードは持続可能な発展に貢献します。

公正貿易認証マーク(画像出処: http://epcoop.co.kr/archives/363)

フェアトレードってこんなこと

■公正な価格で取引する貿易

途上国の生産者にコストに見合った適正な価格を支払う

安定した収入を得て生産できるよう長期取引をする

生産費用を前払し、借金せずに次の生産ができるようにする

生産者の生活を考慮しない不当な業者との取引をなくす

 

■生産者を元気づける貿易

生産者を組織化して組合をつくり、取引や協働の基盤を整える

消費者が求めるニーズを伝え、必要な技術指導をする

地域を活性化させるために必要なリーダーとなる人材を育てる

売買代金のほかに割増金(プレミアム)を支払い、

 生産者団体のなかで話し合い地域づくりのための共同施設や設備の拡充につかう

 

■環境に配慮する貿易

農薬や化学肥料の大量使用をやめ、

有機農法などの環境に配慮した生産方法に変えていく

特定の作物に過度に依存しないように生産品目の多角化を図る

 

■人権を守る貿易

男女平等をめざし、立場の弱い人々とへの差別をみとめない

過酷な労働環境を改善し、とくに教育の機会を妨げるような児童労働をなくして

 子どもの権利を守る

フェアトレードをするとこう変わる

A.安さに引きずられて商品を買う → 作り手のことも考えて商品を選ぶ

「選ぶ消費者」安さの魅力に引きずられて商品を買っていた消費者が、

  生産者や環境のことも考えながら商品を選ぶように変わります。

 

B.生産者の取り分が少なすぎる → 生産者に配慮した取引をする

「生産者配慮の取引」コストや生産者の生活に配慮するフェアトレード団体と

  取引することで、生産者が適正な利益を得ることができます。

 

C.生産者が相場のリスクを負担 → 相場のリスクを分担する

「公平なリスク分担」 生産者は相場変動によるリスクを過度に負っていましたが、

  フェアトレード団体と直接取引することで、リスクが軽減されます。

 

D.組織化されず助け合うことができない → 協同組合を作って力をあわせる

「地域で協働する」生産者が協同組合などをつくって、地域内で協働することで、

  お互いに助け合い、技術や情報を共有できるようになります。

 

E.借金しないと次の生産ができない → 生産に必要な前払い金が受け取れる

「生産費用の前払い」必要に応じて次の生産をするためのお金が、

  フェアトレード団体から前払い金として支払われるので、

  生産者は借金せずにすみます。

 

F.劣悪な労働環境や差別がある → 女性の地位・労働環境が改善される

「女性の地位向上」労働環境の改善や差別をなくすことにとりくみ、

  とくに女性の場合は働いて収入を得ることで地位が向上し、

  尊厳を取り戻します。

 

G.子どもが教育の機会を奪われる → 子どもが学校に通える

「児童労働をなくす」家計を支える重要な働き手だった子どもが、

  収入が安定することによって、児童労働から解放され、

  学校に通えるようになります。

 

H.環境に負担の大きな生産をする → 環境に配慮し持続可能な生産をする

「環境への配慮」生産性を重視した大量の農薬・化学肥料の使用や、

  偏った単一作物の栽培をやめ、環境に配慮した持続可能な生産に変わります。

今日からできること

■本やネットでフェアトレードの情報をみてみる

■フェアトレードショップに行ってお買い物をしてみる

■いつも飲むコーヒーをフェアトレード商品にかえる

■カタログを取り寄せてフェアトレード通販に挑戦!

■友達にフェアトレード商品をプレゼントする

コリアプラザひろばを運営している「アジア希望キャンプ機構」はFIGの韓国事務局です。
コリアプラザひろばを運営している「アジア希望キャンプ機構」はFIGの韓国事務局です。

Message for Seoul Fair Trade City Campaign

 

Hello to all our Fair Trade friends in Seoul. My name is Bruce Crowther and I am the founder of the Fair Trade Towns movement that started in my home town of Garstang in the north west of England and has now led to an international movement of over 1,600 Fair Trade Towns in 25 countries across the world.

 

I am speaking to you now from The FIG Tree which is an International Fair Trade Centre that supports the Fair Trade Towns movement, holds educational workshops and events and has a display that tells the ‘Garstang Story’ about how ordinary people in a small market towngave rise to an international movement.

 

The FIG Tree is now located in this church, here in Lancaster; called St. John’s. Over 250 years ago Lancaster was the 4th largest slave trade port in the UK. Ships sailed from here to collect slaves from the west coast of Africa, to sell them for vast sums of money in this abhorrent, lucrative trade.

 

The slave tradewas totally accepted by society, but some people, the slave trade abolitionists fought against it. And it wasn’t just the rich, famous politicians like William Wilberforce that took this action but many ordinary people. At that time: men and women, young and old, black and white across many creeds, faiths and cultures stood up against what they knew to be morally wrong.Their message was very simple:“It is simply immoral that people should be allowed to suffer in order to provide us with luxuries such as tea, coffee and sugar at a cheap price”

 

Sadly that message is still relevant today and I don’t just mean through contemporary slavery, but because we still have a situation where people are growing commodities such as cocoa for our chocolate and those people do not even have access to clean drinking water.This is quite simply immoral and therefore we must all act against it.

 

Like the abolition campaign of all those years back, the Fair Trade Towns campaign unites ordinary people:  men and women, young and old, black and white across many creeds, faiths and cultures in the fight to promote fairer trade and trade justice.The greatest strength of Fair Trade Towns is that it is a people’s movement working across all communities and therefore the movement is aboutyou, every single one of you in Seoul, in Korea, in fact right across Asia and the world.

 

I had the enormous pleasure of visiting your city of Seoul for WFTD in 2013 and saw for myself the wonderful work of your Mayor, your schools, your shops, your businesses and your Buddhist temple. The FIG Tree is proud to support the Seoul Fair Trade City Campaign and has recently formed a partnership with the Asia Hope Camp Organization which now has its own Seoul-based office of The FIG Tree and runs a campaign every Saturday.

 

I am delighted that soon Seoul will be in a position to proudly declare its status as the world’s largest Fair Trade City and I warmly welcome you as a part of thisgreat movement that is fighting for change today, to bring about trade justice and an end to poverty.I wish you every success.

 

Bruce Crowther MBE

International Fair Trade Towns Ambassador

April 2015

フェアトレードソウル運動を実施するアジア希望キャンプ機構(NGO)は、アジア唯一のフェアトレード都市の熊本市のフェアトレードセンターと連帯しています。
フェアトレードソウル運動を実施するアジア希望キャンプ機構(NGO)は、アジア唯一のフェアトレード都市の熊本市のフェアトレードセンターと連帯しています。