ソウル半日散策 感想文(5/4)     キム・ヒョンジさん

 いま、日本語を専攻しているため、日本語を使えるボランティア活動を探していた中、韓日フォーラムの半日散歩を知りました。

 

 そこで、友達とすぐに参加申し込みをして、土曜日、市庁に向かった。1時に市庁図書館の前で小倉さんに会い、一緒に参加したパク・ヘミンさんとサンアさん、そしてナオコさんと挨拶をした。天気も歩きやすい温暖な気候で、ドキドキしながらツアーを開始した。

 

 最初はみんなぎこちなくて、통성명 정도만 하고 데면데면했지만、時間が経ち、歩きながら話をしてみると、いつのまにかとても親しくなっていた。

 

 一番最初に行ったコースは、徳寿​​宮である。徳寿宮の前で、守門交代式を観覧し、見学をした。しばらく歩くと疲れて、途中で木の下に座って休憩を取った。
この時、ナオコさんともっとたくさん話をすることができた。共通の関心事があったおかげで、より楽しく話をすることができた。まだ韓国に来て一週間程しか経ってないらしく、韓国の知人もおらず、行ったところも多くないと言うので、次にまた会う約束をした

 

  徳寿宮の石垣道を歩きながら、フリーマーケットも見物して、可愛らしいものを見てわくわくしたりして、言語が違い、生まれた国が違っても、いくらでも通じあい、交流することができるということが、とても新鮮だった。
 

 歴史博物館では、ソウル模型を見ながら、ソウルのあちこち行くに値するところを教えてあげたりもして、ジャズを鑑賞したりもした。最後に、光化門交差点に行った。イベントがあってか、人が非常に多くて驚いたことが記憶に残った。

 

 半日散策コースが終わって、私たちは4人で仁寺洞に食事をしに行った。どうせなら韓国料理を食べてみるほうがいいと思い、韓国料理屋さんに向かい、テンジャン(味噌)チゲと、スンドゥブ(豆腐)チゲを食べた。直子さんはテンジャンチゲを食べながら、日本の味噌汁とは全然違うと、不思議に思っていた。


 

 ご飯を食べながら、お互いの好きな歌手について話したり、日本に行ったときの経験や、韓国であったことなどを話した。不思議なことに、日本語で会話することに、ぎこちなさは感じられず、ただ普通に友達とおしゃべりしている気分だった。今回の機会を通じて、人と人との交流は、言語が問題にはならない、育ってきた経験や相手の年齢とは関係ないということが分かった。日本人、韓国人と、分けて考えるのではなく、ただ一人の人間だと感じることができ、さらに意味の深い経験だった。これからもたくさんの人々との交流において、今回の経験が大きな助けになると思う。一緒に歩きながら、風景を見ながら、話を交わすことがとても懐かしく、また私が人々との交わりにおいて、一歩踏み出した
と思え、気分が良かった。ボランティアをするという考えよりも、一人の友達ができたという経験ゆえ、これからも大切に記憶されると思う。