韓国インターンシップ募集&報告

アジア希望キャンプ機構(ACOPIA)は、韓国のソウル市に登録されたNPO法人です。韓日社会文化フォーラム(KJFORUM)は、韓国の外務部に登録されたNPO法人です。株式会社コリアプラザひろばは、両NPO法人の主催する国際協力プログラムをサポートするために作られた会社です。

日韓交流の架け橋になりたい。

日韓相互理解に役に立ちたい。

世界の大学生たちと一緒に共同作業をしてみたい。

日韓の多文化社会の実現に役に立ちたい。

英語は話せなくても問題ありません。日本人大学生の他にも、フランス、ドイツ、アメリカ、香港、シンガポール、ベルギー、スペイン、オーストラリアからの大学生インターンが働いています。

 

◆インターン、元インターンの特典(メリット)◆ 

・インターン期間中、韓国語教室 (週1回2時間、自由参加、無料)
・ 世界各国からの大学生インターンたちと同じ空間(交流ラウンジ)で勤務
・ インターン終了後、アコピアハウスの空ベッドを6泊以内で年間1回提供 (生涯、無料)
インターン期間中&終了後、アコピアカフェで飲料提供 (生涯、無料)
・ インターン修了証とオリジナルバッチを贈呈
・ アコピアファンドで韓国旅行 (アコピア多文化カフェ収入)
・ KPOP公演企画、KPOPオーディション同行、KPOPキャンプ同行
・ 食事代と交通費
・ インターン期間中、アコピアハウスに居住する場合は通常料金の10%割引

Cultural migration beyond economic migration ...

'Cultural migration' is on the rise, as foreigners go beyond 'economic migration' to come to Korea to find jobs and spouses, to learn Korean culture and K-Pop. College campuses and classrooms are full of foreign students. The area around Hongik University in Mapo-gu, Seoul, which attracts many young people, has long been a 'global town'. On the evening of May 24, a song from the girl group Twice was echoed in the 'Apopia Multicultural Cafe' in front of Hongik University. Young people from various countries wake up and dance. From the left are Australian university student Sophie, American college student Cyane, Japanese high school girls Katsuki and Yuuka and French graduate student Myriam. They are young people who love K-pop or dream of K-pop stars.

 

アジア希望キャンプの活動は、韓日社会文化フォーラムというNGO団体の活動から始まったものです。2011年から「会議体から現場へ、日韓からアジアへ」というスローガンを掲げて、アジア希望キャンプが始まったわけですが、その経緯は以下の記事に表現されていますので、良かったら読んでみて下さい。↓↓↓

http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/pdf_293/16_closeup02.pdf

インターンの皆様には好きなことを好きなだけ楽しくやってもらうことが原則です。韓国での各自の生活と勉学をしながら可能な範囲でインターン勤務に参加して下さい。決まっている勤務曜日と勤務時間はできるだけ守って頂いて、何かあれば事前に知らせて下ればOKです。当日キャンセルは遠慮して下さい。

アジア希望キャンプが始まった経緯↑
アジア希望キャンプが始まった経緯↑
アコピアカフェは、熊本県から認定された韓国最初のくまモン正式販売店です。
アコピアカフェは、熊本県から認定された韓国最初のくまモン正式販売店です。

 

◆職場体験の内容◆

Acopia Star Project の企画とマネージメント

KPOPキャンプの企画と運営

KPOPスタープロジェクト

オーディションサポート

ひろば韓国語教室運営のサポート

日本キャンプの企画と運営+同行引率(選択可)

・NGOアジア希望キャンプ機構の活動を支援

韓日未来フォーラムの事務局仕事

・日韓交流プログラム(日本語研修、日本体験)

 熊本故郷プログラム、宮崎キズナプログラム、JLNEプログラム、

  綺麗な海を守るための日韓青少年のボランティア、日本体験ワークキャンプ

  日韓青年就活プログラム、日韓インターンシッププログラム

・日本に向けての広報活動(SNS,ブログなど)

・インターネット放送の企画制作

・アコピアカフェでおにぎり販売

※具体的な担当業務は、本人の希望、韓国語能力、継続期間、経歴などによって異なります。

 

 

◆2つのチームがあります。

①Homepage and Broadcasting (HB) Team

Project Management(PM) Team

※英語は話せなくても全く問題ありません。皆で通訳アプリを使って会話しています。 

↑↑ロイター通信が「アコピア」のKPOP交流を世界に紹介しました!
↑↑ロイター通信が「アコピア」のKPOP交流を世界に紹介しました!
スタッフ会食(2015年7月31日)
スタッフ会食(2015年7月31日)

◆応募資格・条件◆

・日本語ネイティブの方。国籍は問いません。

・日本の大学または高校に在籍している方。高校生の場合には両親の同意が必要です。社会人はインターンができません。

・韓国語は話せなくても大丈夫です。日本人正社員も在籍しています。日本以外の国籍のインターンもいます。

・基本的なパソコンの操作ができる方(Excel等)

・自分から積極的に学ぼうとする姿勢を持っている方。

・国際交流に関心があり目的意識を持っている方。

・異文化のなかで積極的に行動できる方。

アコピアシェアハウスに入室すること(優先採用条件)。

 (日本以外の海外インターンは全員がアコピアハウス利用)

・VISAは、留学、ワーキングホリデー、居住、無VISA。

※90日間短期(無VISA)の場合は滞在目的とインターンシップの意志がしっかりしている方。韓国の大学や語学堂などに留学中の方も歓迎です。

※自分探しや海外での変わった体験、韓国語練習や韓国人友達つくり、韓国旅行を希望する人のためのプログラムではありません。

日本の方にさらに韓国を好きになってもらえるようお客様のための企画を苦労して作っている所です。世界からのボランティア大学生たちと一緒に多文化社会の実現を熱心に作っているところです。地味なデスク作業が多いです。格好良い仕事ではありません。割り当てられる作業量(ノルマ)はありませんが、責任感があって誠実な方でなければなりません。趣旨をご理解いただいた上でご応募ください。

       インターン継続期間による出勤回数と勤務時間
継続期間 1か月間 2か月間 3か月間以上

出勤回数と

勤務時間

月~土の中で5回出勤

09:00~18:00勤務 

月~土の中で3回出勤

09:00~18:00勤務

月~土の中で3回出勤

09:00~13:00、または14:00~18:00勤務

 

アコピアハウス(女性専用のシェアハウス)

※特典:アコピアハウスに居住する場合には、通常家賃より月10%割引。

(日本以外の海外からのインターンは全員がアコピアハウスに居住しています)


「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、日本で2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。

派遣留学生は支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し”産業界を中心に社会で求められる人材”、”世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”へと育成されます。帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することが期待されています。

※「トビタテ!留学JAPAN」に対するアジア希望キャンプ機構の取組についてはこちらへ

◆職場体験場所◆
■アコピアスクール

〒03993

[地番住所]  ソウル特別市麻浦区東橋洞204-57,302号室

[韓国語]서울특별시 마포구 동교동 204-57,302호

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック、Hongik Univ.)駅 2番出口 徒歩6分 

 

■アコピアカフェ
[地番住所] ソウル特別市 麻浦区 東橋洞 203-57 SANTOH BD 1F.

[韓国語] 우) 03992  서울시 마포구 동교동 203-57 삼통빌딩 1층
[英文] 1F SANTOH BD. 24-7, World Cup buk-ro 6-gil, Mapo-gu, Seoul, Republic of Korea. 

 

 

 

◆交通費と昼食費の支給◆

・4時間勤務日には、交通費(1日5千W)を月末にまとめて支給しています。

・8時間勤務日には、交通費(1日5千W)+昼食費(1日5千W)を月末にまとめて支給しています。

※「国際交流インターンシップ認定書」を発行いたします。

※ インターンは1ヶ月間が過ぎた時点で感想文を提出して下さい。

※ 途中で辞めた場合は認定書発行と交通費支給はありません。

■感想文のサンプル   

 

 

◆募集期間◆

・随時募集しています。
・日本人インターンは最大5名まで、日本以外の外国国籍のインターンは最大9名まで。 

 

 

◆提出書類◆ 事前訪問の面談後、実際勤務する初日に提出。

・履歴書(日本語、自由形式)

・パスポート写し

・インターン誓約書(所定様式)

 

 

日本と韓国の学生が一堂に会して日韓関係の課題とこれからについて話し合う「韓日未来フォーラム」が16日まで、島根県立青少年の家(出雲市小境町)で開かれた。参加した30人の学生は日韓関係がこじれる背景となった徴用工問題などについて議論し、若い世代が交流を続けることの意義を互いに確かめた。

 フォーラムは13日から3泊4日で実施され、「強制徴用労働者」(徴用工)「在日朝鮮・韓国人」「ジェンダー、フェミニズム」「日韓の観光産業」の4班に分かれ、両国語を交えて計10時間以上議論。各班がまとめた課題と改善策を発表した。

 徴用工問題を議論した班は「韓国では高校までの歴史科目で日本の植民地時代を詳しく学ぶが、日本の学校教育ではほとんど教わらない」「日韓ともメディアが政治家らの一方的な意見ばかりを伝え、幅広い市民の声があまり報じられない」と課題を指摘。若い世代がSNSなどを駆使してそれぞれが学び、感じたことを同世代へ発信していくことが大事だと提案した。

 ソウルから参加した東国大3年のチャン・ユジンさん(21)は韓国での日本製品の「不買運動」もあり、参加するかどうか直前まで迷ったという。「こういう時こそ対話が必要だし、民間交流を活発にしなければと感じました」と話した。

 大阪大4年の溝口遼馬さん(22)は「日本も韓国も互いに誤解があることを知りました。誤解を解いていくには、僕たちのように政治の場にいない者が対話を続けていくことが必要です」と感想を語った。

 韓国のNPOの呼びかけで5年前に始まった同フォーラムは年2回実施され、11回目。今回は、日韓関係の悪化の影響で参加を見合わせる学生もいた。

 議論するテーマは、運営にあたる学生らで決めた。実行委員長を務めた東京外国語大大学院の村田佐希子さん(24)は「単に集まって仲良くしましょうだけでは意味がないと考えました。敏感な問題をじっくり話しあいたいと思い、議題を選びました」と述べた。(中野晃)

 

   

◆お問い合わせ◆

〒03993 韓国ソウル特別市麻浦区東橋洞204-57,202号室

[韓国語]서울특별시 마포구 동교동 204-57,202호

地下鉄2号線弘大入口(ホンデイック、Hongik Univ.)駅 2番出口 徒歩6分 

TEL 02-738-2004  /    +82-2-738-2004

Kakao: asiahope   

Email : asia.hiroba@gmail.com

2018年2月のインターン修了式
2018年2月のインターン修了式
2015年5月現在の日本人インターンの皆様です。常時7名~15名の日本人インターンが勤めています。
2015年5月現在の日本人インターンの皆様です。常時7名~15名の日本人インターンが勤めています。
スタッフ会食2015年7月31日
スタッフ会食2015年7月31日
    2016年7月会食(2016.07.15)
    2016年7月会食(2016.07.15)
2016年11月22日(火)
2016年11月22日(火)
2016年12月9日(金)
2016年12月9日(金)
2017年1月19日(木)
2017年1月19日(木)
↑2019年1月14日
↑2019年1月14日
2019年2月8日、韓国芸術高校の卒業式場
2019年2月8日、韓国芸術高校の卒業式場
2019年7月、アコピアカフェ:日本人インターン8名+フランス3名+米国2名+香港2名
2019年7月、アコピアカフェ:日本人インターン8名+フランス3名+米国2名+香港2名
2019年9月2日アコピアスクール1階の食堂:日本人インターン4名+フランス2名+ドイツ1名+オーストラリア1名
2019年9月2日アコピアスクール1階の食堂:日本人インターン4名+フランス2名+ドイツ1名+オーストラリア1名
2019年10月11日、明洞:日本人インターン3名+フランス3名+ハンガリー1名+カザフスタン1名
2019年10月11日、明洞:日本人インターン3名+フランス3名+ハンガリー1名+カザフスタン1名
2019年10月22日、アコピアカフェ
2019年10月22日、アコピアカフェ
2019年11月7日、アコピアカフェ
2019年11月7日、アコピアカフェ

🌻インターンを終えて報告

加藤花 (横浜市立大学 国際総合科学科

河野光汰 (立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部)

鄭梨愛 (東洋英和女学院大学 国際社会学部) 

斎藤 栞 (Pensacola Christian College / Humanities major)  

庄司結里 (拓殖大学 国際学部国際学科) 

長岡里佳 (法政大学 国際文化学部)

金 イェスル (早稲田大学社会科学部) 

伊藤清香 (横浜市立大学 国際総合科学部)

森 美公 (静岡県立大学 国際関係学部)

水野有紀 (金城学院大学国際情報学部)

荒井奏絵 (日本女子大学文学部日本文学科)

渡辺美季 (関西学院大学商学部) 

由井 遥(西江大学)

菅又美貴子 (慶應義塾大学総合政策学部)  

張・ユラ (中央大学経済学専攻) 

長谷川さおり (獨協大学卒業)

金山瑛実 (南山大学)

朴未来 (佐賀大学) 

周・ヒジン (明治大学 文学部卒)

谷口翔子 (大阪大学 朝鮮語専攻) 

灰岡杏 (武蔵大学社会学部) 

丹野渓 (創価大学経営学科)  

永田莉子 (福岡女子大学)  

清水佳織 (早稲田大学)    

中村若樹 (西江大学経営学部) 

佐々木和也 (横浜国立大学) 

猪鼻舞 (桜美林大学LA学4年)

東優里佳 (北九州市立大学外国語学部)

梁素恵 (同志社大学政治学科)

日比谷佳乃 (首都大学東京都市環境学部) 

大迫愛 (日本大学経済学部卒業)

四元恵(京都精華大学芸術学部) 

真央(国際政治経済学部) 

石川愛理(光云大学交換留学中) 

萩野あやか(慶熙大学留学中) 

三田地真依(梨花女子大学交換留学中、学習院女子大学)   

佐久間祐花(中央大学総合政策学部) 

粟屋実夢(中央大学経済学部国際経済学科)

木村元紀(関西学院大学文学言語学科)

松本みなみ(群馬県立女子大学文学部) 

竹原朋伽(お茶の水女子大学)

平井 陽(北海道教育大学)

安井祐菜(お茶の水女子大学)

稲葉萌恵(立教大学)

洪リベカ(愛知淑徳大学交流文化学部)

秋山楓(聖心女子大学文学部史学科、ソウル女子大学留学中)

島田怜美(横浜市立大学 国際総合科学部)

塚本愛加(神田外語大学韓国語専攻/慶煕大学校交換留学中)

藤本ひかる(早稲田大学商学部2年/韓国外国語大学交換留学中)

松尾怜実(神田外語大学韓国語専攻/慶煕大学校交換留学中)

玉井舜基(立教大学現代心理学部/延世大学交換留学中)

徳森祐華子(鹿児島大学教育学部 祥明大学校交換留学中)

佐藤由美(東京外国語大学4年 / 淑明女子大学交換留学中)

豊島加菜恵(東洋英和女学院大学3年)

油淺 重里(社会人)

小宮立規(法政大学)

東山加奈(関西学院大学)

古澤麻衣(社会人)

山口日南子(福岡大学)

原口結衣(熊本県立大学)

井上麻優子(法政大学/梨花女子大学校交換留学中)

西生美(福岡女子大学)

石井怜美(東京外国語大学)

藤井麻衣(首都大学東京)

大津有公子(津田塾大学 国際関係学科)

松田茉実(首都大学東京)

吉澤香菜子(立命館大学)

藤島つかさ(キョンヒ大学)

森本千陽(秋田国際教養大学)

有村真理(千葉大学)

山道知可(名古屋大学)

池上顕太朗 (西九州大学)

澤江真由(青山学院大学)

片山裕奈(エラスムス・ロッテルダム大学

楠彩花(新潟大学)

土井菜摘(早稲田大学)

森永なぎさ(佐賀大学)

庄司あきほ(横浜市立大学)

東友輝哲(熊本県立大学)

大野咲希子(一ツ橋大学)

本山恭子(山口大学)

金澤絵美香(創価大学)

坂上美莉(早稲田大学)

沖永優奈(明治学院大学)

中村穂野花(大阪学院大学)

阿部眞由子(東北芸術工科大学

吉本朱里(早稲田大学)

榎咲百合(和歌山大学)

徳永凛(サンウェイ大学)

江田優希(創価大学)

結莉乃(京都精華大学)

久保木さやか(横浜市立大学)

濱田真帆(近畿大学)

大川貴帆(日本女子大学)

※担当者長期休暇のため、申し訳ございませんが

 11月28日~12月5日は申請対応、メール・カカオ・ラインの返信ができかねます。

メモ: * は入力必須項目です